園長の想い&保育方針

学校法人田中学園昭和53年大分県認可

中津市で初めての私立幼稚園

めぐみ幼稚園は昭和53年に大分県より認可を受け、学校法人として法人化されました。
当時は中津市で私立の幼稚園はなく、めぐみ幼稚園が初めての幼稚園でした。創立者である田中義隆、田中恵子により設立されたこの幼稚園は、周りを果樹園に囲まれておりとても過ごしやすい場所にあります。
めぐみ幼稚園の名前の由来は、中津市の豊富な自然(八面山、山国川、豊後水道、周りの果樹園など)の「めぐみ」を受けて大きく成長してほしいと願いつけられたものです。

子どもたちの自立のために

現在、様々な社会問題がとりだたされてます。
しかし、どんな時代やどんな社会でも子どもたちには幸せな人生を過ごしてほしいと願います。その思いから、子どもたちが大きくなって夢を持って歩んでいくには今この幼児期に出来る限り必要なことをしっかりと教えていく義務が我々にはあります。
将来、自分の人生を自分の力で切り拓けるだけの力をつけるための基礎作りをこの幼児期には必要だと思うのです。
建物を建てるのにもまず一番大事なものは基礎だと思われます。基礎がしっかりとしていれば多少の災害(困難)にも耐えられるはずです。

経営理念

みんなが幸せになるために、一人ひとりの笑顔を大切にします。

教育目標

子どもたちが自立するために、心の力・学ぶ力・体の力を育てます。

目指す園児像

~自信を持って人生を歩んで行くために~
「あかるく」・・・いつも笑顔で元気な挨拶をします
「ただしく」・・・家族や友達を大切にし、弱い者いじめをしません
「たくましく」・・いろんなことに挑戦し、最後まであきらめません
うれしい時、かなしい時、どんな時でもめぐみっ子の約束を守り、自分で考えて行動する。それが、めぐみっ子。

教職員目標

すべての人に感動を与えるために
  1. 明るい笑顔と挨拶で周りに元気を与える人になります
  2. 整理整頓・掃除を心がけ、気づく人になります
  3. 子ども第一主義を貫き、子どもと共に成長します
  4. チームワークを大切にします(One For All, All For One)
  5. すべてのことに目的意識を持って責任のある行動をします(目的・責任のないところに結果はでない)